calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

コーチングin愛媛

今日、明日はコーチングで愛媛県の新居浜へ。

暑い^^;
風吹かない^^;

2年後の愛媛国体が心配です…(´・ω・`)
むしろ今年の全日本スナイプも心配。

最少3レース成立ですって^^;
結構厳しいですね。。。

今日は10時位から風が入ってきました。

お昼頃が一番風が強く吹いている(2m/s程度^^;)ので、沖飯にして一日中海上に。
そしたら今日は夕方まで風がもちました^^;
ま、そんなもんですよね。

今日は私も420に結構乗り込んで練習しました。
クルーは高校1年生。ヨット部に入って3ヵ月の新人で、乗るのは2,3回目程度^^;
ところがなんの。私のクルーを立派に努めるではありませんか(アップウィンドだけですが^^;)
何て吸収力なんだ…(^_^;)

毎回、高校生の可能性には驚かされますね。。。

コーチングin愛媛

昨日、今日と愛媛県連のコーチング。

場所は松山→新居浜へ移動しました。

新居浜は2017愛媛国体の開催地になります。
こちらもまた風光明媚な所で海も綺麗。
大きなマリーナもあり、環境は整ってます(風以外は…(-_-;))
そう、風が全然吹きません。The瀬戸内海!

もう出発の時間だ^^;
行ってきます。

〜おまけ〜 松山観光

愛媛県コーチングでは航空券の予約が遅かったため帰りの便が取れない事態に(-_-;)

せっかくなので、一泊して松山観光しちゃいました。
といっても、あまり時間が無い。チェックアウト時刻まではホテルでお仕事して、それから松山城見学に行きました。一人で^^;

ホテルから大街道を歩いて松山城登山口へ。大通りでは丁度「坊ちゃん列車」に遭遇。

旅情溢れる感じ^^;

最初は、ガイドブックや地図でも見てもロープウェーでしか登れない雰囲気でしたが、乗り場近くの地図を見るとどうやら歩いて登れる道もある模様。
探したらありました。しかし、全然分かりにくくなってます。「是非ロープウェーを使って!」的な戦略?


木々に囲まれた長い道を上って行くと、

立派なお城と城壁が^^
初めて松山城を真近で見ましたが、すごく立派でビックリ。

天守閣周りなんて芸術的です。
松山城から松山市内を一望できるんですね。結構登りました。

帰りは反対側の登山口に向かって下山。

行きと違ってまったく無舗装。獣道です。マイナスイオン全開^^;

下山してお堀までたどり着くと、

天守閣は遥か彼方^^
行ってみる価値、あると思います。行ってみて良かったです。おススメです。
ここからはさすがに路面電車で戻りました^^;

道後温泉は4年前に行ったので今回はパス^^;
初めて行くなら道後温泉も良い場所だと思います。(私は1回で十分でした^^;)

 

みきゃんの国

週末は愛媛県連のコーチングでした。

練習会場は砂浜なので、コーチボートは少し離れたマリーナに保管。

空飛ぶコーチボート「みきゃん号」^^;
マリーナ敷地から海まで長~いクレーンで運びます。こんな長さのクレーンはあまり見たことがありませんね^^

梅雨明けした松山は暑いのなんの。気温と体温が同じくらいの灼熱です。熱中症に注意しなくてはなりませんね。
というか、ヨット部が熱中症になってはいけませんね(-_-;)海に飛び込めば瞬間冷却できるんです。こまめに水分補給ならぬ、こまめに水中冷却です。
しかし、、、先週は仙台で寒い寒い言っていたのにね…(>_<)

さて、松山はOPからユースのシングルハンド、高校の420級、国体のSS級と、沢山の選手が所属するクラブとなってきました。

OPはほとんど羊飼いの感覚^^;(みんなバラバラになるなよ〜(>o<)」)

420級の新居浜東高校は1年生だけ7名の新設ヨット部で、愛媛国体に向けて創設。東京から新居浜へ赴任した顧問の望月先生は地元テレビの取材で一躍有名人に^^;
テレビの影響力は大きなもので、色々と支援してくれる方々も増えているそうです。スバラシイ^^

今回はSS級少年チームを主にコーチング。

こちらの↑お嬢様達と、


4月からクルーを始めたばかりの中3セーラー。それまではOPに乗っていたのでセールが2枚あることもトラピーズもジェネカーも初めて。今回スキッパーはお休みだったので、愛媛県連のコーチ陣が体に鞭打って練習相手に^^;
日曜日の午前中だけ前線通過で大気の状態が不安定になりましたが、それ以外は良い天気と風に恵まれて練習することが出来ました。
来週は関西選手権遠征です。
これまでとは少し違う世界が見れると良いな〜^^v

そして堀江海岸に夕日が沈みます。

松山は本当に良いところです。海も景色もきれいで食も最高。
私は帰りの飛行機が取れなかったのでこの日も一泊して帰りましたとさ。
 

先週末

先週末は愛媛県連のコーチングで松山へ。

国体がいよいよ3年後に近づいてきました。
高校にヨット部を新設し、ピッカピッカの1年生が加入したり、これまでの県連の方々の地道な活動が徐々に実りだしています。

ヨットを始めてまだ1ヶ月半。レーザーラジアルの新艇、newセールで練習!?
「にゅーせーるって何ですか〜??」

そして合宿期間中は晴天で軽風。ゴキゲンなコンディションに恵まれました。

ss級、シングルハンド、ジュニアのOPなどなど盛り沢山。
夜は10kgのお肉でBBQ〜^^
ご馳走様でしたm(_ _)m

この2日間でも驚くほど成長を見せる選手もいて、若い世代の可能性にはいつも驚かされます。
新1年生達も次回には、きっと一人でマーク回航練習が出来るようになっていることででしょう^^
 

本日も晴天なり

愛媛は良い天気です。
超快晴^^
 

SS級、シーホッパーSR少年の練習です。

愛媛コーチング

先週末の愛媛県連コーチングレポートが無かったので、ここで少々。

主にSS級のコーチングでした。スキッパーは高校1年生でOP級→SS級へいきなりジャンプアップ。ダブルハンドに乗るのもジェネカーも初級なので色々と安全に注意です。
OP→ダブルハンドへ移行する際、最も顕著なのが自分のペースでティラーを切ってしまうこと。当然、クルーは付いていけず沈チ〜ン♪





セールも1枚→3枚になりボートスピードも数十倍?アップ。いくら気を付けていても、どうしてもティラーを切りすぎてしまいます。

まずはダブルハンドの基礎、心構えから。クルーの移動距離はスキッパーの約2倍。自分の移動スピードを半分に落として、クルーが1倍速で動かないと物理的に無理なんです^^;

・最初はトラピーズ無しで動作練習を行う。(ジェネカーでも同じ)
・スキッパーがクルーの動きに合わせてティラーを切る。
・慣れてきたらトラピーズ使用。タックやジャイブの際、トラピーズリングが外せていなかったらティラーを戻す。
・マストトップには必ず黒球を付け、完沈を防ぐ。

などなど注意事項をよく守って練習しましょう。

毎度のことですが、正しい動作を覚えてから反復練習です。そうすれば一日で、ある程度の形にはなるものです。自転車と同じようにコケながら体で覚える部分もあるので頑張りましょう^^;

明日からキールボートのレースでトランス相模の準備です。明日は回航準備。明後日が下田へ回航。土日がレースになります。



コーチングin愛媛

この週末は愛媛でコーチングです。


土曜日は良いコンディションでしたが、

日曜日はあいにくの雨。
座学、体育館でトレーニングの一日でした。

今から三崎口に帰ります。


愛媛へgo!

今週末は愛媛県連コーチング。

今から愛媛へ一っ飛び

今日は赤い翼の航空会社です^^;


コーチングin愛媛

この週末は愛媛へコーチングへ行きました。
今年初めてSSに乗る高2コンビと、


420を使ったコーチングと、


そして今年から愛媛県成年男子470チームとして活動する今村/大嶋組。

彼らはあの日経大卒で、既に日本のトップセーラーとして活躍しています。愛媛県の別々の企業に就職してチームを結成、活動を開始しました。

これまでは成年チームも無く、弓削商船高専ヨット部と松山ジュニア主体で2,3種目で活動していた愛媛県チームでしたが、県連の方々の地道な努力で国体4年前にしてやっと少しずつ形が見えてきました。

しかし、SS級成年女子、シーホッパー級SR成年女子、SS級少年女子チームの選手がいません^^;ウィンドサーフィン級男女も無し。ヨット選手が全然いませ〜ん!

成年女子なんて、ヨットを続けたい選手にとっては良い環境が整っていると思うんですけどね。。。地元企業に就職して、県連のバックアップでレース活動が出来るなんて、恵まれた環境だと思うのですが。。。
ヨットを続けたい、国体選手として活躍したい!という選手がいたら是非ご連絡下さい。少年チームの見本となるような優れた成年女子選手になることが大事な条件となります。

部員数名で非常事態だった愛媛大ヨット部にも新入部員が数名入部しました。春の金沢大との合同合宿の成果でしょうか^^;大事に育てて欲しいものです。

やはり、競技を支える地方のチームというのは非常に大事だと思います。選手あっての競技だし、そのために中央の協会・連盟があるわけですし。。。
その点、国体というのはマイナー競技において非常に重要な役割を持っていると思います。強化や運営で色々と言われる部分もありますが、競技の発展には間違いなく不可欠です。

しかし。。。コロコロと変わるヨット競技の国体種目は何とかならないもんですかね。
また、高校生の発育も著しいこの時代、50〜60kgそこそこの選手しか勝てないような高校競技にも疑問が残ります。

65kg以上の高校生なんて今どきごろごろいるはずなのに、日本のヨット界では「大型選手扱い」で居場所がありません。
シーホッパー級SRがあるじゃないかって?じゃあ高校で初めてヨットを始めた1年生がシーホッパーで練習する環境がありますかっ?って話。それが出来る高校ヨット部なんて、日本に何か所あんのよ?ってことです。指導者も足りません。
体格の良い高校生が生き残れる場所がほとんど無いんですよ、今の高校ヨット競技って。それで底辺拡大なんて・・・ねぇ?

学連ヨット部の470級・スナイプ級というのは、その年代の体格にはマッチしています。男子・女子・軽量級・重量級が入り混じってうまくバランスが取れている状態です。
では学連の中のシングルハンドはどうですか?そもそも種目としてあったことすら知らない人が多いですよね。

地方に行くとヨット競技の問題点が良く見えてきますね・・・。


<< | 2/3PAGES | >>