calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

さて・・・

今日が分かれ道。

車の修理出来れば全てが計画通り進みますが、、、ダメなら秋田へ電車で移動し、また北海道に戻ってきます。

祈って待ちましょう。。。

札幌はず〜っと雨です。
北海道に来た4/26から今日まで5日間連続で雨(たまにみぞれ^^;)気温も一桁なので寒い寒い(>_<)


むむ…

社用車は今日中に直りませんでした。今日は札幌市内に宿泊です。

今後の予定は明日の車載コンピューター診断機での結果次第ですね。。。

夕方までに直れば、石狩→小樽35km(艇庫でトレーラーピックアップ)→苫小牧港110kmダッシュで新日本海フェリー(19時半発)に間に合わせます。

もしコンピューター系の故障だと帰れまテン(-_-;)
そうなったら明日は函館に移動し一泊、翌日に電車で秋田へ移動になりますね。

もうジタバタしても始まらないので、札幌市内で時計台と電波塔だけ見て、ウニいくら丼だけ頂きました^^;
クラーク博士はまだ見てません。ナンノコッチャ

神様仏様…m(__)m


サッポロ〜

さて・・・

今は札幌です。
代車が大きいバンをお借りできたので、車の中でお仕事オシゴト。

車の状況は…まだ分かりません。



本日で終了のはずが・・・

本日、北海道大ヨット部コーチング3日目。いよいよ最終日でしたが・・・

海は荒れていて出艇出来ず。

そしてなんと車が故障して動かない(-_-;)
朝、ハーバーに向けて出発しようとしたら車が動きません。ランドローバーのサービスでも原因は分からず、結局修理工場行きのトラックに乗せられて去っていきました(-_-;)ガーン

とりあえず代車を貸して頂き、故障の診断待ちです。ここから2日後には秋田県でコーチングの予定だったのですが、暗雲が立ち込めています・・・。

さて、どうなることやら。。。
明後日のフェリーはキャンセルか?
秋田県へはバスか電車か飛行機か?
修理が長引いたらどうなるのか・・・?
北大ヨット部の合宿所に置いて行ったトレーラーをどうやって引き取ろうか・・・。

いずれにしてもトレーラーを置いて行っているので、小樽にはもう一度行かなくてはなりませんね。

今日は大学同期の潤士くん家にお世話になりますm(_ _)m
明日はオフで札幌市内観光の予定だったのですが。。。そんな呑気になれません(>_<)

てなわけでバタバタしてしまい、3日目のコーチングは出来ずじまいでした。北大ヨット部の皆さんゴメンナサイm(__)m

そして、車の移動から修理手配、私の札幌までの移動などなど、北大ヨット部監督さんやOBさんに大変お世話になってしまいました。本当に助かりました。ありがとうございましたm(__)m

まだ無事に帰れるかどうかは予断を許しませんが、行きの道中ではなかっただけでも…ね。前向きに捉えましょう^^


今日も曇天…

 今日の小樽も曇天です。。。

風は少し収まりましたが、うねりが高くハーバーから出艇が出来ません。。。
しばらく待機中です。

北海道のヨット環境は非常に厳しいですね。。。
4月でこの寒さと天候。。。昨日は4℃でみぞれが降ってましたし(-_-;)

地方のセーリング普及というのは生易しいものではありませんね。地方で奔走されている指導者の皆さんには頭が下がる思いです。

現場を経験しなければ分からないことって沢山あります…




さっ、寒い(-_-;)

北海道小樽市、本日の最高気温はが7℃(-_-;)
現在の気温は・・・4℃です(-_-;)

風速10m/sオーバーで海は大荒れ。
体感気温は一桁。
真冬の寒さです。(※注:北海道の真冬ではありませんが。。。)

北海道大学ヨット部のコーチングです。
が、今日は海に出れません(>_<)

丘でシミュレーションをしますが、あまりの寒さで体が動かなく私はリタイアです(-_-;)
いや、半端じゃなく寒い!寒いんです(>_<)


進水式!

 本日はいよいよ進水式を行いました。

北海道大学のみなさん、おめでとうございます。

午前中は慣らし運転を行いながら、コーチングです。


午後はレスキュー艇の試運転としては最高の荒れた天気となりました^^;
小樽・祝津は外海で、沖から風が吹くと物凄いうねりが入ってきます。BCR580ribの性能をみせてくれた最高のコンディションでしたね^^;

感想は私の話よりも、一緒に乗った北海道大学ヨット部の方のお話の方が信憑性がありますね^^;ブログをご覧ください^^v

しかし、想像以上の安定性、凌波性、機動性でした。大きなエアチューブのおかげでスプレーも非常に少なく、ドライなレスキューボートです。

難点は風流れが速い(バウが風に流される速度)なので、微速での操船には慣れるまでに時間がかかります。先に先に当て舵をしながら走るので、ディンギー乗りなら慣れるのも早いと思います。狭い港内では気を使うと言えます。

しかし、狙い通りのボートです。大人数(MAX10名)で乗れて、広いコックピットは備品も沢山搭載出来る。荒天の走破性能は抜群に良く、レスキュー艇としても安心感は抜群でした。

船も軽いのでスロープでの上下架も余裕です^^v
ファクトリーゼロのバーゼルは世界一優秀ですね。

ちなみに、これは北大ヨット部の朝ごはんです。

いかがですか?
今度、ヨット部飯のグルメ本でも出そうかな・・・。
多分、比べられるくらい多くのヨット部飯を食べてきてると思うんですよね…私^^;

祝津マリーナ到着!

やっと目的地の祝津マリーナに無事到着しました。

苫小牧港を出て、

The北海道!のような景色の中を北上。


ここはかの有名な小樽の運河沿い。レンガの建物分かりますか?

そして奥の山は・・・普通に雪景色です。
小樽は普通に冬でした^^;覚悟はしてきましたが・・・寒い!
タイヤは当然、スタッドレスです^^;

祝津マリーナに到着してからすぐに明朝の進水式の準備、シーホッパー協会副会長との打ち合わせ、北大ヨット部幹部との打ち合わせでこの時間に^^;忙しい!祝津の写真も撮れていません。フェイスブックもブログの更新も出来ず。。。
 ご心配をおかけしました・・・m(__)m

自宅を出てから全行程1,278km。長旅でした〜^^;
22時半から北大、小樽商科大と懇親会です^^v
寝ちゃうかも・・・


仙台港!

仙台港に到着しました。

フェリー乗り場で乗船待機中^^;

これで苫小牧へ行きます^^


一路北へ

現在、栃木を北上中です。

朝のうちに都内を抜けて正解でしたね。

仙台まであと250km^^


<< | 2/3PAGES | >>