calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

全日本インカレ2018

昨日閉幕した全日本インカレ2018。

総合優勝は早稲田が奪還!

470級は日経大が6年ぶりの優勝!

スナイプ級は早稲田が制覇!

おめでとうございます。

 

最終日、朝から振れ回っていた風も11時頃には安定の北西に落ち着き、良い風の中で実施できました。

470級は12時のリミットぎりぎりで2レースを実施。いずれも日本大がワン・ツーフィニッシュを決めますが、日経大がそれを上回る3艇オールシングルの安定感でブッチギリのクラス優勝でした。

 

ちなみに昨今ざわついている470学連艇ですが、日経大は全てヤマハ学連艇のスタンダード仕様。三船監督曰く「道具じゃないよ〜」。

ただでさえお金のかかるヨット部ですが、こうして腕で勝負して勝つチームが存在する意義は非常に高いと思います。

私は別にヤマハ製が良いとかピアソンマリン製が良いとかいう話ではなく、どれだけ公平でお金のかからない、学生ヨットが普及する仕組みを作れるのか?ということを言いたいだけです。普及がなければ強化もへったくれもありませんから^^;

 

スナイプ級は優勝した早稲田はタレント揃いでさすがの勝利でしたが、大躍進は準優勝の京都大と思います。最後は早稲田に9点差まで迫り、王者を焦らせました。

また、近畿北陸水域の京都大、同志社、立命館がそれぞれ2位、4位、5位に入賞という活躍で、3枠しかない水域枠をまた広げてくれました^^;しかし、レベルが高くて大変

 

来年は新西宮で開催です。

 

 

そして私がコーチングさせてもらっている金沢大、北海道大、東北大ですが、それぞれの目標である総合やクラス別シングルには届きませんでした。

京都大や九州大の活躍には勇気付けられますが、その努力と苦労の内容を知らないことには、好成績に繋がりません。

大阪府立大は関西水域予選で敗退しましたが、インカレ初日に会場まで部員全員で見学に来て、インカレ出場を現実のものになるよう出来ることから始めています。

 

私も出来るだけのことをして目標を達成できるようお手伝いをしたいと思います。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック