calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

インカレ近畿北陸水域予選 最終日

昨日は近北インカレ最終日。

風が無く、一度スタートして上マーク近くまで行くもノーレースに。

そのまま14時のリミットを迎えてノーレースとなりました。

 

昨日までの結果が最終成績になります。

同志社大は安定のトップ通過、京都大が両クラス2位通過。

3位に470級は金沢大、スナイプ級は立命館。

そして、昨年の全日本インカレでスナイプ級が同志社と京都大の好成績のおかげで3→4枠に増えたので、4位通過で金沢大が滑り込みました。

 

近畿北陸水域は同志社・京都大・金沢大が総合順位の付く両クラス出場になります。

おめでとうございます。

 

レース運営は琵琶湖という難しい条件の中、スムーズで公平なレースだったと思います。

風のシフトによるシーケンス途中のAP判断や、途中で無くなってN旗の判断は素早く、良いレースでした。

お疲れ様でした。

(一点、コース設定で下のゲートマーク(特にアウターループ)の偏りが大きく、片方のマークに艇団が集中することが多かったので、ここは改善が必要かと。。。)

 

 

そして、コーチングした金沢大は3年ぶりに両クラスとも全日本インカレ出場を決めました。

ここ2年間は仕事の関係で全然見ることが出来なかったのですが、今年から復帰できたのでとりあえず通過して良かったです。

 

が、関西水域でコーチングしていた大阪府立大ですが、同じ日程で行われたインカレ予選では残念ながら3枠に入ることができず…

今年は行く回数も例年より増やせたのですが、力及ばず…

私としてもとても残念ですし、申し訳ない気持ちです(T ^ T)

 

これで東北大スナイプ級、金沢大両クラスと残すは北海道大学です。

北海道水域予選は先日の大地震で延期になり、10月上旬です。

 

全日本インカレに行ってもこのままでは盛り上げ役で終わってしまうので、ここから強豪校と戦えるように成長しなくてはなりませんね。

 

夕暮れの琵琶湖を後に

コーチボートを牽引して帰ります。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック