calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

ヨット用サングラスのススメ

今日はサングラスのお話。

 

7月に入り日差しも益々強くなっていますね。

夏のセーリングにおいてサングラスは重要なアイテム。目を有害な紫外線から保護してくれます。

 

性能の低いサングラスは、有害な紫外線を目から取り込んでしまうので注意が必要です。

ヘタにレンズの濃いサングラスをかけると、暗くて瞳孔は開いてしまい紫外線をより取り込んでしまうので良くありません。

 

地表に届く紫外線には波長の異なるUV-A(~400nm)とUV-B(~315nm)が存在し、この両方をブロックする必要があります。

ほとんどのサングラスはUV-Bまではブロックしてくれるようですが、大事なのはUV-Aをブロックしているかどうか。

目安は「UV400」なのかどうかですね。

 

メジャーなブランド(OAKLYオークリーやRay-Banレイバン)などは性能が高いものが多いですが、価格がね、、、(~_~;)

海に落としたりするとメンタルがヤラれます…(T ^ T)

 

また偏光サングラスであることも、洋上では重要です。

海面の乱反射やギラツキを抑えてくれるので、マークも探しやすいしパフも見やすい。

 

結果、私がオススメしているのはGiLL社製のサングラスです。

http://bestwind.ocnk.net/product-list/60

性能はUV100%カットでなおかつUV400。紫外線対策は安心。

もちろん偏光レンズ(ポラロイド社製)です。

そして何より特徴なのはフローティング!浮いてくれます。

沈して流しても自分で拾えます。

波で飛ばされても、コーチボートに拾ってもらえます笑

 

価格も1万円程度なので、機能・性能・コストパフォーマンスからオススメのサングラスですね。セーラーの皆さんには、このくらいのグレードの製品を使用することをお勧めします。

 

長持ちさせるためにも保管には注意。

使用後は必ず真水で洗い、シオッてないように。そして皮脂を落とすのも重要です。

車のダッシュボードなど炎天下に置くと一発でダメになりますので注意してください。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック