calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

420の上ジブ

秋田県連のコーチングで、420級のジブトリムについて結構曖昧だったので気になった事を少々、、、

 

ジブシートに、とある数値(ジブセールの付け根から350mmと1500mmなど)でマーキングを入れて、下ジブと上ジブをトリムしてセール形状を作ろうと試行錯誤してはいませんか?

 

下ジブとは通常のジブシートシーティングで、上ジブとはタックしたら引く側の上側のジブシートのこと。420ではこの上ジブを引くことでセール形状を作り出します。下ジブのままだとセール形状が浅過ぎなんですよね^^;

 

下ジブを引く量は、セールのアタックアングルを決めるので、角度に大きく影響します。

上ジブを引く量はセールの深さを決めるのでスピードに大きく影響します。

この二つのシートコントロールが、アップウィンドの走りを大きく左右します。

 

見てると結構いい加減。下ジブをちゃんと引かなくても上ジブを引くことで何となくトリムを成立させてしまっているので、正しくトリム出来ていないことが多い。

 

420はジブリーダーが無く完全固定式なので、マストレーキとジブのピークロープの高さがリーチ形状に大きな影響を与えます。

ようは、艇ごとに下ジブを引く量が違ってくるのです。いくらほかの艇と同じ場所にマーキングを入れていても意味がありません。

 

マストレーキは大体の基準が6110mm±10mmなので、20mmの幅があります。

ジブの高さも、420のフット形状は470などと比べてローチが無いので、シビアに合わせないとデッキから浮いたりしています。低いとジブタックがすぐに引き切れてしまうので、ジャストの位置は結構シビアなんです。

 

これがらが一緒にならないと、ジブのリーチ形状は一致しないので、艇ごとにマーキングの位置は変わってくるということです。

マーキングの入れ方は企業秘密にしておきます^^;笑ナンチャッテ〜

ちなみに当社でもBlueblue社製420をお取り扱いしておりますので宜しくお願い致しますm(_ _)m速いッスよ~

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック