calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

2017年470級全日本選手権結果

昨日はメダルレースを実施。

岡田/外薗組が前日の3位から逆転優勝を飾りました。

おめでとうございます。岡田/外薗組は全日本初優勝。

岡田選手は早稲田大4年生で学生の全日本チャンピオンは数十年ぶりの久方ぶり。昨年のジュニアワールドドイツ大会でも優勝し、スター街道まっしぐらです。

外薗選手は普段、今回9位今村選手のクルーでナショナルチームですが、今回は今村選手が来月の愛媛国体強化のため国体コンビの大嶋選手と参加したので、即席コンビで岡田選手のクルーを務めました。

レベルの高い選手同士が組むと、即席でも何とかしてしまうものなのですね。しかし、優勝は凄いことです。持ってますね。。。

 

さてメダルレースですが、得点が2倍になるので5位までのチームに逆転優勝の可能性がありました。

昨日までにすべてのレースを消化していたので、今日はメダルレースのみ。多くの選手が観戦に。

 

レースは2時間の風待ちの後、微風での最終決戦となりました。

優勝を争う上位3艇(市野/長谷川組、磯崎/高柳組、岡田/外薗組)の戦いが見所。その第1上マークを上位で先に回航したのは磯崎/外薗組で、すぐ後ろを岡田/外薗組が追う展開に。上スタート右展開をした市野/長谷川組は大きく出遅れ下位回航します。

 

下マークで集団が団子状態になりまだどうなるか分かりません。前に出た磯崎/高柳組は岡田/外薗組をタイトにカバーして抑え込むことに成功。2位で第二上マークを回り、優勝に大手をかけます。

 

が、この最終レグでドラマが…

 

コース残り1/4でトップの出道/中川組を捉え、トップのギリ後ろをポートでクロスした磯崎/高柳組が最終下マークの内側、イン取りのアプローチラインでジャイブをすればコンプリート!のはずでしたが…

 

そのままセパレートしてジャイブポイントが遅れ、なんとここでオーバーセール!3艇に抜かれ4位に転落。最終アプローチをジャストで入ってきた岡田/外薗組がイン取りに成功し逆転トップフィニッシュという劇的な幕切れに。

磯崎/高柳組にしては普段ではありえない痛恨のミスで優勝を逃しました。

 

魔物が潜むというか、、、

最後まで何があるか分からないというのを目の前で見ることになりました。

微風とはいえ見応えのあるメダルレースでしたね。

 

そして女子は宇田川/関組(YAMAHA)が女子総合2位、全日本女子初優勝!

やりました!👍

1位はESP18(世界ランク2位)、3位はFRA7。ワールド1位のPOL11は女子5位、世界ランク1位のNED1は女子6位。皆さん男子と混ざってのレース経験は少ないらしく、本領発揮とはいかなかったようです。

そんな中でワールドランカーと競っての準優勝は価値ある勝利と思います。日本勢でも総合10位ですから良く頑張りました。

 

今回の結果は、一重に二人を鍛えて頂いた皆さんのお陰ですm(_ _)m

国内強化合宿では多くのコーチングスタッフからアドバイスをもらい、男子トップ選手達に揉まれて練習しました。

ヤマハのチームメイト(男子チーム)にも支えられて滞りなくレースに臨めていましたし、良い環境でした。

 

結局、なんだかんだ言ってもこの環境を創造しているチーム監督が一番凄いと思うんですけどね…笑

私は「頑張れ〜( ´ ▽ ` )ノ」と応援しているだけで何もしていませーん笑

おめでとう!

 

最終成績→https://www.alljpn470.org/results

 

さて、すぐ二日後から今度はジュニアワールドです。

場所は同じく江ノ島。

連戦でタフな日が続きますが頑張りましょう〜(;^_^A

 

運営スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

微軽風の多い難しいコンディションでしたし、暑くて陸も海もとても大変だったと思います。

ありがとうございました!

(追:表彰ですが先に入賞者全員を上位から読み上げてしまうと盛り上がりに欠けるので、3位→1位の順で1チームずつ紹介して壇上に上げて盛り上がる展開にして頂ければと…m(_ _)m ジュニアワールドでは是非^^;)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック