calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

なまはげ〜

コーチングから戻りました。
場所はこちら。

遠くに見えるは鳥海山。なまはげの里、秋田の由利本荘です。

昨日の最低気温は8℃(T_T)
覚悟はしていましたが、この時期にして極寒。この週末は北海道よりも寒く、よりによって日本で一番寒い場所でした。。。

東京を出る時はシャツ1枚。
秋田じゃフリース、ダウンベスト含め5枚を着込み、ニットキャップで完全防寒。
分かってましたよ、はい。
秋田ではいつものことです。

ピッカピッカの新入部員も加わり、来月の東北大会に向けて練習練習。今年は3年生がいないので、1,2年生のみのチームとなります。

寒さに負けず頑張ろう^^/

時間も守ろう^^v
自分達が設定した時間に遅れたら、遅れた秒数×1回ペナルティーの腕立て伏せを連帯責任で全員。早速、107回もの腕立てをする羽目になった高校生達^^;

嬉々として腕立て伏せしていました。膝をついたらやり直しという地獄の腕立ての中、体を腕で支えられなくなった生徒は頭で体を支えていました(爆)
しかも女子^^;強い…

ヨットレースでは時間との戦いを求められる事件が多々、発生します。
「大事な大会の第6レース、風速8m/sの中スタート2分前にバングのシャックルが飛んだ!(-_-;)ウォッさあどうする!?」
予備シャックルを付けようにも、風と波に煽られてシャックルが全然届かない。
スタートラインから離れてはいけない。
予備シャックルが無かったら、予備ロープも無かったら、何で代用する?
第6レース時点でライバルとの点差は拮抗。絶対に点数を落としてはいけない状況。

さあ、皆さんならどうしますか?
普段からこういった状況に対応できる能力を身に付けなければいけません。
時間を守ることは当たり前。誰でもできます。(できない場合はその時点でアウト^^;)
限られた時間の中で正確に迅速に優先順位をつけて処理する能力が求められます。
「何を拾って、何を捨てるか?」

ヨットって色んな意味で人を育ててくれますね〜^^
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック