calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

冬のセーリングウェア

寒気が入ると真冬の寒さになる季節。セーリングコンディションにも厳しい季節となりましたね。

今日はウェットスーツの着方について。
日本のディンギー人口って、若い人の方が多いはず。
ジュニア・ユース・高校セーラー・学連セーラー。

で、特に成長期はウェアの選択に悩む方(特に親御さん)が多いようですね。身長が伸びるとすぐに着れなくなってしまうのを避けるため、一回り二回り大き目のサイズにして、3〜5年は同じサイズを着れるようにと。。。

でもこれ、特にウェットスーツにとっては厳しいんです。。。大き目のサイズのウェットは「ぶかぶか」になるので、隙間が多い。その隙間に水が溜まるので、ウェットスーツ内の水は大量に^^;

その大量の水を温めることは不可能ですよね。。。
体温をどんどん奪われてしまうー!(>_<)
ウェットスーツはジャストフィットが基本です。ピッタリフィットしているから水も溜まらないし、体温も奪われ難いんですね。

最近のウェットスーツは伸縮性が非常に高いので、是非ピタリとフィットするサイズで着るようにして下さい。暖かさが全然違います。暖かければ沈も恐れなくなるし、動作練習も大胆に出来ます。風が強い日も長時間練習出来るようにもなります。

寒いとどうなるかは一目瞭然。暖かいのと逆ですから^^;身長が伸びるのを待っていると、技術が伸びなくなってしまいますよー(>_<)!
何事も最初が肝心です^_^;

ちなみにウェットスーツで一番お勧めはやはりzhikですね。幅広いサイズにフィットしますし、2ピースのスーパーウォームは組み合わせによって秋〜冬〜春と3シーズン使える優れものです。

それでも寒い方はいくつか手段があります。

その1.中に着るアンダーウェアを揃える。ウェットの中はハイドロフリース系のアンダーが効果が高い。topのお勧めはロンスタンCL21サーマトップ。

http://bestwind.ocnk.net/product/14
最もコストパフォーマンスに優れていると思います。お金に余裕のある方はzhikハイドロフリーストップが最強。

http://bestwind.ocnk.net/product/31

タイツはzhikハイドロフリースパンツ。

http://bestwind.ocnk.net/product/33
これしかありません。これを履くのと履かないのでは大きな違いがあります。

その2.zhikのチタントップを中に着てしまう。wウェットなので相当効果があります。雪がちらつくような寒さで効果を発揮^^v
=最強
http://bestwind.ocnk.net/product-list/41
チタントップは春〜夏〜秋の3シーズン使えるので最も重宝するウェアの一つ。冬も使えば1年中使用できる優れものなんですよね。

その3.zhikのスーパーウォームスチーマーにする。ワンピースセミドライスーツなので水が入りにくい。ウェットソックスを履けば、足からの浸入がかなり食い止められます。

http://bestwind.ocnk.net/product-list/44
実は、私はまだテストを出来ていません。ごめんなさい。クリスマス合宿in金沢でテストする予定です。商品はお店にありますが、まあ、間違い無く暖かいでしょうね。あとは水の浸入具合次第といったとこです。

その4.スプレートップ、トラウザースを着る。

風を防ぐので効果は絶大です。私はスプレートップを持たないで海に出ることは絶対にありません^^;夏でも必ず海上に持って行きます。

トラウザースも同じく風を防ぐので、暖かさは全然変わってきますね。選ぶのはなるべく動きやすいタイプで。
上はサイズを大き目にして中にライフジャケットを着れるようにするとなおgood!

その5.ライフジャケットをスプレートップの中に着る。
これは先にも出ましたが、ライジャケの保温効果ってかなりあるようです。ピッタリフィットタイプのライジャケを着て、上にスプレートップを着ると効果大です。

その6.ニットキャップ、ネックウォーマー、ウェットソックスは三種の神器。
そのくらいの効果があるmustアイテムです。
=神

とにかく、寒いからといってフリースなどを着てモコモコになるのが最悪ですね。大して効果が無く、濡れたら重くなり「動けない&上がれない」ので、かなり足を引っ張ります。
初心者の方に多く見受けられる失敗ですので注意して下さいねー^^/

次回はドライスーツ編です。


 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック