calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

SS級(セーリングスピリッツ)のお話

まずメインセールのフィッティングから。



写真のようにバテンを入れますが、このバテンのテンション(回転数)はセールによって異なることが分かってきました。

バテンの長さが少し異なったり、バテンの長さは同じなのにかかるテンションが違ったり(キャップを閉める強さが異なる)などなど。セールも人の手で作られるので、一枚一枚同じでは無いということ。



回転数の目安もありましたが、これはあくまで目安です。上は強めで下は弱め。



それはこの写真を見て分かりますが、セール上部は非常に浅いですね。
目安は単純比較ですが、SS級のアップウィンドでのハルスピードは470級に近いです。スナイプ級のスピードならスナイプ級のdeepがハルスピードにマッチしたデザイン。470級よりセールカーブは深いです。

そしてモスのようにハイスピード艇はそのスピードにマッチしたデザイン。フルバテンのメインセールはウィンドサーフィン級のように非常に浅いです。

簡単に表現すると、深いセールは馬力はあるが、ギア比は低い(トップスピードが遅い)。浅いセールは馬力は無いがトップスピードは速い。
重い艇種は3速で走る(馬力のある深いセール)か、軽量の艇種は5速で走る(トップスピードの出る浅いセール)のようなイメージです。

SS級にあてはめると、SS級のセールではハルスピードに対してセールカーブは浅すぎです。もっと全体を深くセットしたい。セール下部はアウトホールを出すことで深く出来るので最初からバテンテンションを強くする必要はありません。強過ぎると強風の時にアウトホールを引いてもセールを浅くすることが出来ずパワーダウン出来なくなってしまいます。

セール上部は深くしたい(というか適正な深さを持たせたい)ので、バテンテンションを強くしますが、強過ぎるとバテンが返らなくなるので限界があります。テンションの目安はチームの技量によって変わってきますが、バテンが返るギリギリ強く入れましょう。上手なチーム程テンションを強くすることが出来ます。

バテンのテンションが強すぎてバテンが返らないようなことにならないように注意して下さい。

余談ですが、バテンを柔らかくすればセールカーブは深くすることが出来ます。SS級には効果テキメン!でしょう。。。しかしクラスルールではバテンの側面を削り柔らかくすることは許されていません。SS級の艤装変更可能な場所は限られており、それ以外をいじることはルールで禁止されているので注意して下さい。

また、もともとセール本体にカーブが入っていないので、無理やり深くしようとしても良い効果は得られません。あくまで目安であり、やり過ぎに良いことはありませんでのこれも注意です^^;

次回はチューニングについてです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック